通信衛星の構造

「JCSAT-2A」を例にご紹介します。「スラスター」は姿勢や軌道のずれをなおすためのジェット噴射器です。「Kuバンド展開型鏡面成形アンテナ」がKuバンドの電波を送受信します。展開型とよばれているのは、打ち上げ後、通信衛星が軌道位置に着いてから地球からの指令によりアンテナが開くからです。「放熱パネル」は温度が上がりやすい機械の熱を外へ逃がすものです。このパネルには通信衛星の中の温度を一定に保つための放熱パイプが埋め込まれています。「テレメトリ・コマンド用オムニアンテナ」は打ち上げ時には、まだ展開型アンテナは開いていなくて使用できないため、これらのアンテナの代わりに電波を送受信します。「Cバンド展開型鏡面成形アンテナ」がCバンドの電波を送受信します。「太陽電池パネル」は太陽の光を利用して発電します。
メニューページに戻る