1990〜1994

凡例
年号 当社のあゆみ 業界の動き 社会の動き
1990年
(平成2)

「JCSAT-2」打ち上げ(1月1日)

「Superbird-旧B」打ち上げ失敗(2月23日)

「Superbird‐旧A」事故により運用停止(12月23日)
⇒「Superbird」利用者を一時「JCSAT」衛星が引受

放送衛星「BS-3a」打ち上げ(8月28日)

「BS-3a」を使用し民間初の衛星放送WOWOWがサービス放送を開始(11月30日)

CCIR総会でHDTVスタジオ規格勧告(勧告709)が成立

大阪市で国際花と緑の博覧会開催

バブル崩壊

1991年
(平成3)

(株)サテライトジャパンが第一種電気通信事業許可取得(2月)

衛星音楽放送(セント・ギガ)本放送開始(3月30日)

日本初のペイテレビWOWOW本放送開始(4月1日)

放送衛星「BS-3b」打ち上げ(8月25日)

NHKが「BS-3b」によるハイビジョン試験放送開始(11月25日)

湾岸戦争勃発

雲仙普賢岳で大火砕流発生

1992年
(平成4)

「Superbird-B」打ち上げ(2月27日)

宇宙通信㈱が日本初の受託衛星放送サービス(CSアナログ放送)開始(4月23日)

日本通信衛星㈱が受託衛星放送サービス開始(5月)

「Superbird-A」打ち上げ(12月2日)

(株)サテライト放送センター(CSバーン)設立(1月22日)

CS放送の委託事業者6社が認定(2月4日)

(株)CSサービスセンター(スカイポートTV)設立(3月25日)

2月4日に認定されたCS放送6チャンネルが4月以降順次放送開始

CS-PCM放送6社18チャンネルが6月以降順次放送開始

日本レジャーチャンネルが日本初の個人向け配信開始(12月1日)

国家公務員の週休2日制スタート

PKO協力法成立

バルセロナ五輪

1993年
(平成5)

日本通信衛星(株)と(株)サテライトジャパンが合併し、(株)日本サテライトシステムズ誕生(8月17日)

NHKと民放各社及びWOWOWの出資により㈱放送衛星システム(B-SAT)設立(4月13日)

CS-PCM放送のPCMジャパン/PCMセントラルが放送終了し(6月4日)、事業廃止(7月1日)

CS放送の委託事業者4社が認定(7月20日)、計10チャンネル体制に(10月1日)

CS放送普及促進会議設立(11月25日:後にCS放送協議会を経て、現・衛星放送協会)

Jリーグ開幕

皇太子徳仁親王・雅子妃ご成婚

北海道南西沖地震

細川内閣発足

1994年
(平成6)

日本初のCSデジタル放送会社、(株)ディーエムシー企画設立
(11月10日)

CS放送の委託事業者1社が認定(8月20日)

電気通信事業法改正案成立(6月22日)。外国衛星TVの受信解禁の動き

グリーンチャンネルが個人向け試験配信開始(10月1日:本放送は1995年1月1日開始)

NHKと民放6社がハイビジョン(MUSE方式)の実用化試験放送開始(11月25日)

松本サリン事件

向井千秋さん宇宙へ

関西国際空港開港

羽田内閣、村山内閣

ノーベル文学賞に大江健三郎氏